「名刺」は、社会の基本?

電球『ビジネスチャンス』とは、誰かにとって、社会のもっと上の地位へとステップアップできる、階段の一段、と言えるかもしれません。ビジネスチャンスを積極的に捕らえることは、もちろん失敗するリスクもありますが、それよりも得られる将来的なメリットを考えて、決して逃さないようにしよう、と考えておられる方が多いでしょう。それは向上心があればこそ、社会という歯車の中で、その「誰か」が占める重要性が、高まっていく、重要な一歩になります。

ただし、そのビジネスチャンスは、もちろん捕らえようとすることも大切ですが、本当に基本的な事柄、社会において基本とされることが当たり前のようにできている必要があるでしょう。もちろん、多様な働き方ができるようになった現代においてそれが全てではありませんが、社会において求められる基本的なことは、昔とそう変わっていないと言えます。

会社にスーツを着ていくのが当たり前、とは言わないまでにしても、誰もが必ずしも基本的に行っていること、というのがあります。それは何でしょうか。『名刺』を作成することです。あなたは取引先の相手や、将来かかわりを生みそうな相手に、どのような名刺を渡しているでしょうか。名刺は会社単位や、個人事業主であってもそのまとまった単位で作成されることが多いと言えます。そこで用いることができるサービスが、何十人分もの名刺を、まとめて何組も作ってくれる業者に、直接依頼できるサービスです。

名刺の使われ方と印象

一般に名刺とは、名前や連絡先などの個人情報を効率良く相手に知らせる事の出来るとても便利なカードです。とは言っても形や文字のバリエーションも豊富で、記入情報もバラバラです。職場などでは、社会常識や簡単な自己紹介の為に使われる事が多いように感じます。大きさも手頃なものが多く、手のひらサイズが多く出回っています。普通の柔らかい紙ではなく、折れにくい紙や厚手の紙で作られているので、長く所持していられるのも名刺の特徴です。

私は就職活動をした際、様々な企業の方々から名刺を頂いた事がありますが、本当にデザインが豊富でカードだけで企業の特徴が分かります。名刺自体が企業の看板と言ってもいいかも知れませんね。良く名刺に文字と一緒にイラストのデザインを載せている方や企業がありますが、頂いた際に変に構まえずリラックスして会話が出来ましたのでとても好印象だったのを覚えています。

見やすいと感じるのは、柔らかい字体で大きめに名前が入っているものです。様々な名刺が出てきているからこそ、自分の印象がそれだけで理解してもらえたら嬉しいですよね。

 

新人教育で名刺の作成から印刷までやってみてはどうでしょうか

新入社員が入社してきたら新入社員教育を行い、ビジネスの基礎から会社の概要、商品の知識まで色々な事を教え、早く会社の戦力に成長し、売り上げそして利益アップに貢献してくれるようにしないといけません。

しかし、ここで人事担当者が頭を悩ますのが新入社員教育のプログラムです。教えたい事は山ほど有るのに期間が限定されるので、教えたい事を全てやると詰め込み教育になったり浅い知識のみになり、効果が出ない事になります。

逆にポイントを絞り過ぎると新入社員が配属された後、配属部署から新入社員教育で何を教えたのとクレームが来る事になります。そこでお勧めなのが、新入社員教育で新入社員をグループ分けを行い名刺を作成させる方法です。

作成させる名刺は二つ折り名刺で名刺に印刷する内容は、一般的な内容にプラスして売り込みが出来る内容とするのです。ポイントは、この売込みが出来る内容で、会社のアピールポイントや商品紹介、場合によっては自己アピールの為の自己経歴とかも可能です。

名刺を作ることで自主的に会社概要や商品知識を勉強する事になり、完成した名刺を印刷させその名刺を使ってビジネスマナーを教えれば、チームで協力する事の大切さ、会社の概要、商品知識、ビジネスマナーの基本を教育する事が出来ます。一度、検討してみて下さい。

Pocket