個性を反映した名刺とは

自分で名刺を作成するにしても、それを業者に依頼するにしても、どのような名刺を作るかは、ある程度それぞれのセンスに任されます。業者に依頼する場合、当然ですがそのデザインも含めて発注することになります。会社でデザインを統一することが多いですが、シンプルかつ見やすいデザイン、字体で作られることが多いと言えます。名刺は基本的な記載事項さえ守られていればある程度自由に作れますが、あまりにも奇抜だったり、会社のイメージを図らずも下げてしまったりするようなデザインは当然ですが避けるべきです。

それを考慮したうえで、特に個人事業などを行っていたり、自営業を行っていたりする方は特に、自分で作成する名刺に、自分(会社)の個性を反映するような名刺を作ることができるでしょう。
単に氏名や社名が無機質に印刷されたようなものではなく、より印象付けるようなデザインにするなら、名刺が本来持つ役割を、さらに高めるものとなります

名刺

 

名刺は、他人から受け取ったものをどのように管理するか、という点も大切ですが、やはり自分がどのような名刺を渡すか、という点も大切です。特に関わり合いの深い相手に渡す名刺に、少しでも良い印象を与えるような名刺を作ることができます。

 

個性的なデザインの名刺を相手に渡して、印象付けましょう

会社等の繋がりで初顔合わせの相手と名刺を交換することが多々あると思います。社会人になれば名刺交換は必須で、その時に相手の名刺に目を通す事になるのですが、中には個性的で目を引くデザインのものを所持している人が居ます。

名刺はその人の顔となり、別れてからも、その人の印象を強く残すものです。敢えて名前の部分を確実に読んで貰うためにローマ字表記でしている人も居たり、イラスト付きの名刺を所持している人も居ます。

そして今では自分のアドレスを表記している名刺を持っている人がとても多いと思います。個人的にちょっとだけやり取りをしてみたいときにアドレスがあれば、気軽にやり取りがしやすかったりします。

電話をかけるまでは行かなくても、ちょっとしたことをメールでやり取りしたいときに名刺にアドレスが明記されていると、そこから次の段階に行けるきっかけになるかもしれません。

その時代のニーズに合わせた個性的なデザインの名刺を相手に渡すことはとても良い印象を残す場合があります。相手の印象に残る、個性的で素敵な名刺を作って持っておきましょう。

 

デザインも意識する名刺作成

営業や販売の仕事を中心に、相手に自分のことを伝えるツールが名刺です。外部の人と接触することがある場合、当然必要となるので、作成しておきたいものです。ところで名刺の基本は、白地に縦もしくは横に情報を記載していくことになります。

多くの名刺がこのスタイルをとっているため、手元にたくさんの名刺があるようになると、あまりにもシンプルなデザインの場合、印象に残りにくくなってしまいます。

連絡先を伝える重要なツールだけに印象に残るデザインにしたいものです。企業にロゴがあれば、そのまま名刺に使うのがよいでしょう。それとともに名刺の印象を大きく変えるのが色使いです。しかし一般のひとにはなかなかデザインのセンスは十分に持ち合わせていません。そこで名刺のひな型を利用して、その上に必要となる情報を印刷するようにしたいものです。

印刷をする前にパソコン上で確認したり、試し刷りをすることで、納得のできる名刺を作成したいものです。また完成した版下は保存しておくことで、今後の名刺印刷がスムーズになります。

Pocket