個性を反映した名刺とは

自分で名刺を作成するにしても、それを業者に依頼するにしても、どのような名刺を作るかは、ある程度それぞれのセンスに任されます。業者に依頼する場合、当然ですがそのデザインも含めて発注することになります。会社でデザインを統一することが多いですが、シンプルかつ見やすいデザイン、字体で作られることが多いと言えます。名刺は基本的な記載事項さえ守られていればある程度自由に作れますが、あまりにも奇抜だったり、会社のイメージを図らずも下げてしまったりするようなデザインは当然ですが避けるべきです。

それを考慮したうえで、特に個人事業などを行っていたり、自営業を行っていたりする方は特に、自分で作成する名刺に、自分(会社)の個性を反映するような名刺を作ることができるでしょう。
単に氏名や社名が無機質に印刷されたようなものではなく、より印象付けるようなデザインにするなら、名刺が本来持つ役割を、さらに高めるものとなります

名刺

 

名刺は、他人から受け取ったものをどのように管理するか、という点も大切ですが、やはり自分がどのような名刺を渡すか、という点も大切です。特に関わり合いの深い相手に渡す名刺に、少しでも良い印象を与えるような名刺を作ることができます。

 

個性的なデザインの名刺を相手に渡して、印象付けましょう

会社等の繋がりで初顔合わせの相手と名刺を交換することが多々あると思います。社会人になれば名刺交換は必須で、その時に相手の名刺に目を通す事になるのですが、中には個性的で目を引くデザインのものを所持している人が居ます。

名刺はその人の顔となり、別れてからも、その人の印象を強く残すものです。敢えて名前の部分を確実に読んで貰うためにローマ字表記でしている人も居たり、イラスト付きの名刺を所持している人も居ます。

そして今では自分のアドレスを表記している名刺を持っている人がとても多いと思います。個人的にちょっとだけやり取りをしてみたいときにアドレスがあれば、気軽にやり取りがしやすかったりします。

電話をかけるまでは行かなくても、ちょっとしたことをメールでやり取りしたいときに名刺にアドレスが明記されていると、そこから次の段階に行けるきっかけになるかもしれません。

その時代のニーズに合わせた個性的なデザインの名刺を相手に渡すことはとても良い印象を残す場合があります。相手の印象に残る、個性的で素敵な名刺を作って持っておきましょう。

 

デザインも意識する名刺作成

営業や販売の仕事を中心に、相手に自分のことを伝えるツールが名刺です。外部の人と接触することがある場合、当然必要となるので、作成しておきたいものです。ところで名刺の基本は、白地に縦もしくは横に情報を記載していくことになります。

多くの名刺がこのスタイルをとっているため、手元にたくさんの名刺があるようになると、あまりにもシンプルなデザインの場合、印象に残りにくくなってしまいます。

連絡先を伝える重要なツールだけに印象に残るデザインにしたいものです。企業にロゴがあれば、そのまま名刺に使うのがよいでしょう。それとともに名刺の印象を大きく変えるのが色使いです。しかし一般のひとにはなかなかデザインのセンスは十分に持ち合わせていません。そこで名刺のひな型を利用して、その上に必要となる情報を印刷するようにしたいものです。

印刷をする前にパソコン上で確認したり、試し刷りをすることで、納得のできる名刺を作成したいものです。また完成した版下は保存しておくことで、今後の名刺印刷がスムーズになります。

業者に依頼するメリット

他にも、名刺の作成を依頼するメリットはあります。まず『コスト』の点です。企業は様々な面においてコストダウンをしていなければなりません。余分なコストは削減し、それを少しでも自社の利益に繋げていかなければなりません。それには、コピー機などの使用にかかるコストも含まれます。

電卓とお金現代業務用として販売されているコピー機はとても高性能で、一枚当たりの印刷にかかるコストも抑えられています。印刷の品質も高く、しかもそれらを高速に印刷することが可能です。しかし、全ての企業が最新のコピー機を導入しているのではありませんし、旧式のものを使っていればいるほど、印刷『一枚当たり』のコストが高くなってしまっているかもしれません。コピー機はメンテナンスも必要なので、その点もかさんでいることでしょう。

そういった総合的な名刺印刷にかかるコストを考えたとき、機器の故障というリスクがある点も含めて、名刺の大量作成は業者に依頼した方がコストを抑えられるかもしれません。また、そうすることによって、自分で名刺を作成するという、時間のかかる手間も省くことができます。業務がその時間に割かれないため、人員にかかるコストも削減することができます。

 

名刺は格安で印刷出来ます。

私はウェブデザイナー兼DTPデザイナーです。時折クライアン様のご要望で、名刺制作も行っています。最近は各家庭でも名刺制作が可能になって来ました。優れたアプリケーションソフトが沢山販売されているからです。

また、名刺印刷用のペーパーも豊富な種類があります。印刷機の機能も随分と向上しました。私はプロとして名刺を作成していますので、各クライアント様にマッチしつつ斬新なデザインを求められます。なかなか神経を使う仕事です。

さて、本題に入りますが、今の時代、名刺は格安で印刷出来るようになりました。私の経験では、ある程度の枚数の名刺を刷る際は、インターネット上で格安印刷会社にお願いするのが一番です。紙代、インク代、手間代を考えた場合、外注が安くあがります。

私は実際にクライアント様の名刺のデザインが完了した後は、専門の業者にデータ入稿して格安で印刷していただいています。使用される紙も申し分なく良い感じに仕上がって来ます。是非一度お試しください。

 

名刺を印刷する際はしっかり他社も確認しましょう。

現在、名刺を印刷する際に非常に役に立っているサービスがインターネットを使ったデータ入稿型名刺印刷です。こういったサービスをメインとした印刷会社が数年前から多く存在するようになりました。

このようなサービスは、値段も安く、担当者とのやり取りもメールのみで行えるので非常に手間も無く、慣れている人にとっては楽なサービスであることは間違いありません。ですが、大きな落とし穴がよくあります。100枚1000円等、安価な印刷料金ではありますが、そこに配送費用が含まれていないことが多々あります。

配送がメール便なのか宅急便なのかでまた料金も変わり、発送場所が日本なのか海外なのかという事でも大きく料金は変わります。安価な印刷料金だからと言って、担当者とも詳しいやり取りもせずに発注できてしまうからこそ注意が必要です。

 

自分で作ることもできるが…

名刺のデザインビジネスには必要不可欠であると言える名刺、それはどのようにして作成することができるでしょうか。基本的に、名刺にはある程度の『テンプレート』があるとしても、私達の自由に作ることが可能です。名刺に用いられる紙のサイズは大抵同じですが、そのデザインは人や企業によって多種多様です。いわば、ある程度の基本的な点を抑えていれば、自分なりの作り方で作って良いのです。

名刺における基本的な点とは、『名前』『社名』『(会社の)住所』『(会社・個人の)電話番号』『所属部署』などがそれに当てはまります。これらが記載されているなら、名刺が持つ基本的な役割は果たしている、と言えます。それをどのように工夫して見やすく作るか、というのは個人の力量次第です。

しかし、それを何人分も作らなければならない、という場合には話が異なります。多くの枚数を短時間で作らなければなりませんから、名前を入れ替えたり、デザインを統一したり、作製に手間がかかります。もちろん、一度データを作ってしまえば運用が可能ですが、それを印刷するコストも、考えなければなりません。ですから、まとめて作成してもらえる業者に依頼することにはメリットがあると言えます。

 

名刺印刷の発注について

私の会社では以前は名刺印刷の発注に専門業者を利用しておりましたが、今年から経費削減の為社内制作された物を使うよう通達がありました。これで質的に問題無ければ経費削減になったのですが、実際社内の総務が印刷した物が何かと問題在りました。

恐らく一般家電量販店に売られている印刷セットのような物を購入しレイアウトはワープロソフト等を使って制作していると思いますが、手にした物は材質自体薄く明らかに家庭用で作られたといった感じの粗末な物でした。

名刺は会社の顔となりますので、いくら経費削減といってもこれでは営業先にも失礼にあたりますので、社内で上司と相談した後取り敢えず自費で専門業者に依頼し直す事にしました。

レイアウトが同じならば安く済みますし、少ない枚数での受注も可能ですし、何より社内制作と見比べて出来栄えは段違いです。

このような過程があり現在では名刺はまた元通り業者発注に変わりました。経費削減には賛成ですが削減する所を間違ってはいけないように思います。

 

 

個性的な名刺で相手に名前を覚えてもらえるようにしています。

名刺はその小さなスペースに凝縮された一つの世界であると言えるのです。CDやDVD等のディスクジャケットと同じで、デザインする者のセンスが問われるのです。そして、ディスクジャケットとは異なり、自分でデザインする事ができるのです。

私は自社の取扱商品を擬人化した漫画風の図柄を大きく入れたものを使っています。ネット上から探し出したウェブサイトを介して、様々なデザインを手がけている印刷業者に依頼しました。

名刺は極めて大事なビジネスツールであり、その図柄は相手への印象を大きく左右します。個性的なデザインで初対面の相手に自分の名前を覚えてもらわなくてはなりません。

とは言っても、図柄は一度デザインをしてしまえば、役職や部署が変わっても文字を入れ替えれば長く使う事ができるのです。紙の色にもこだわり、爽やかな空の色を表す薄めの青色と、温かな緑の木々を現す薄めの緑色を半々くらいで使いました。

印刷業も他の業種と同様に競争が激しく、当初想定していた予算よりも随分とお安く作ってもらう事ができました。データも残っていますので、再注文も簡単です。ビジネスパーソンであるならば、個性的なツールを武器に、業績を上げていく必要があるのです。

「名刺」は、社会の基本?

電球『ビジネスチャンス』とは、誰かにとって、社会のもっと上の地位へとステップアップできる、階段の一段、と言えるかもしれません。ビジネスチャンスを積極的に捕らえることは、もちろん失敗するリスクもありますが、それよりも得られる将来的なメリットを考えて、決して逃さないようにしよう、と考えておられる方が多いでしょう。それは向上心があればこそ、社会という歯車の中で、その「誰か」が占める重要性が、高まっていく、重要な一歩になります。

ただし、そのビジネスチャンスは、もちろん捕らえようとすることも大切ですが、本当に基本的な事柄、社会において基本とされることが当たり前のようにできている必要があるでしょう。もちろん、多様な働き方ができるようになった現代においてそれが全てではありませんが、社会において求められる基本的なことは、昔とそう変わっていないと言えます。

会社にスーツを着ていくのが当たり前、とは言わないまでにしても、誰もが必ずしも基本的に行っていること、というのがあります。それは何でしょうか。『名刺』を作成することです。あなたは取引先の相手や、将来かかわりを生みそうな相手に、どのような名刺を渡しているでしょうか。名刺は会社単位や、個人事業主であってもそのまとまった単位で作成されることが多いと言えます。そこで用いることができるサービスが、何十人分もの名刺を、まとめて何組も作ってくれる業者に、直接依頼できるサービスです。

名刺の使われ方と印象

一般に名刺とは、名前や連絡先などの個人情報を効率良く相手に知らせる事の出来るとても便利なカードです。とは言っても形や文字のバリエーションも豊富で、記入情報もバラバラです。職場などでは、社会常識や簡単な自己紹介の為に使われる事が多いように感じます。大きさも手頃なものが多く、手のひらサイズが多く出回っています。普通の柔らかい紙ではなく、折れにくい紙や厚手の紙で作られているので、長く所持していられるのも名刺の特徴です。

私は就職活動をした際、様々な企業の方々から名刺を頂いた事がありますが、本当にデザインが豊富でカードだけで企業の特徴が分かります。名刺自体が企業の看板と言ってもいいかも知れませんね。良く名刺に文字と一緒にイラストのデザインを載せている方や企業がありますが、頂いた際に変に構まえずリラックスして会話が出来ましたのでとても好印象だったのを覚えています。

見やすいと感じるのは、柔らかい字体で大きめに名前が入っているものです。様々な名刺が出てきているからこそ、自分の印象がそれだけで理解してもらえたら嬉しいですよね。

 

新人教育で名刺の作成から印刷までやってみてはどうでしょうか

新入社員が入社してきたら新入社員教育を行い、ビジネスの基礎から会社の概要、商品の知識まで色々な事を教え、早く会社の戦力に成長し、売り上げそして利益アップに貢献してくれるようにしないといけません。

しかし、ここで人事担当者が頭を悩ますのが新入社員教育のプログラムです。教えたい事は山ほど有るのに期間が限定されるので、教えたい事を全てやると詰め込み教育になったり浅い知識のみになり、効果が出ない事になります。

逆にポイントを絞り過ぎると新入社員が配属された後、配属部署から新入社員教育で何を教えたのとクレームが来る事になります。そこでお勧めなのが、新入社員教育で新入社員をグループ分けを行い名刺を作成させる方法です。

作成させる名刺は二つ折り名刺で名刺に印刷する内容は、一般的な内容にプラスして売り込みが出来る内容とするのです。ポイントは、この売込みが出来る内容で、会社のアピールポイントや商品紹介、場合によっては自己アピールの為の自己経歴とかも可能です。

名刺を作ることで自主的に会社概要や商品知識を勉強する事になり、完成した名刺を印刷させその名刺を使ってビジネスマナーを教えれば、チームで協力する事の大切さ、会社の概要、商品知識、ビジネスマナーの基本を教育する事が出来ます。一度、検討してみて下さい。