個性を反映した名刺とは

自分で名刺を作成するにしても、それを業者に依頼するにしても、どのような名刺を作るかは、ある程度それぞれのセンスに任されます。業者に依頼する場合、当然ですがそのデザインも含めて発注することになります。会社でデザインを統一することが多いですが、シンプルかつ見やすいデザイン、字体で作られることが多いと言えます。名刺は基本的な記載事項さえ守られていればある程度自由に作れますが、あまりにも奇抜だったり、会社のイメージを図らずも下げてしまったりするようなデザインは当然ですが避けるべきです。

それを考慮したうえで、特に個人事業などを行っていたり、自営業を行っていたりする方は特に、自分で作成する名刺に、自分(会社)の個性を反映するような名刺を作ることができるでしょう。単に氏名や社名が無機質に印刷されたようなものではなく、より印象付けるようなデザインにするなら、名刺が本来持つ役割を、さらに高めるものとなります。

名刺は、他人から受け取ったものをどのように管理するか、という点も大切ですが、やはり自分がどのような名刺を渡すか、という点も大切です。特に関わり合いの深い相手に渡す名刺に、少しでも良い印象を与えるような名刺を作ることができます。

業者に依頼するメリット

他にも、名刺の作成を依頼するメリットはあります。まず『コスト』の点です。企業は様々な面においてコストダウンをしていなければなりません。余分なコストは削減し、それを少しでも自社の利益に繋げていかなければなりません。それには、コピー機などの使用にかかるコストも含まれます。

現代業務用として販売されているコピー機はとても高性能で、一枚当たりの印刷にかかるコストも抑えられています。印刷の品質も高く、しかもそれらを高速に印刷することが可能です。しかし、全ての企業が最新のコピー機を導入しているのではありませんし、旧式のものを使っていればいるほど、印刷『一枚当たり』のコストが高くなってしまっているかもしれません。コピー機はメンテナンスも必要なので、その点もかさんでいることでしょう。

そういった総合的な名刺印刷にかかるコストを考えたとき、機器の故障というリスクがある点も含めて、名刺の大量作成を業者に依頼した方がコストを抑えられるかもしれません。また、そうすることによって、自分で名刺を作成するという、時間のかかる手間も省くことができます。業務がその時間に割かれないため、人員にかかるコストも削減することができます。

自分で作ることもできるが…

ビジネスには必要不可欠であると言える名刺、それはどのようにして作成することができるでしょうか。基本的に、名刺にはある程度の『テンプレート』があるとしても、私達の自由に作ることが可能です。名刺に用いられる紙のサイズは大抵同じですが、そのデザインは人や企業によって多種多様です。いわば、ある程度の基本的な点を抑えていれば、自分なりの作り方で作って良いのです。

名刺における基本的な点とは、『名前』『社名』『(会社の)住所』『(会社・個人の)電話番号』『所属部署』などがそれに当てはまります。これらが記載されているなら、名刺が持つ基本的な役割は果たしている、と言えます。それをどのように工夫して見やすく作るか、というのは個人の力量次第です。

しかし、それを何人分も作らなければならない、という場合には話が異なります。多くの枚数を、短時間で作らなければなりませんから、名前を入れ替えたり、デザインを統一したり、作製に手間がかかります。もちろん、一度データを作ってしまえば運用が可能ですが、それを印刷するコストも、考えなければなりません。ですから、まとめて作成してもらえる業者に依頼することにはメリットがあると言えます。

「名刺」は、社会の基本?

『ビジネスチャンス』とは、誰かにとって、社会のもっと上の地位へとステップアップできる、階段の一段、と言えるかもしれません。ビジネスチャンスを積極的に捕らえることは、もちろん失敗するリスクもありますが、それよりも得られる将来的なメリットを考えて、決して逃さないようにしよう、と考えておられる方が多いでしょう。それは向上心があればこそ、社会という歯車の中で、その「誰か」が占める重要性が、高まっていく、重要な一歩になります。

ただし、そのビジネスチャンスは、もちろん捕らえようとすることも大切ですが、本当に基本的な事柄、社会において基本とされることが当たり前のようにできている必要があるでしょう。もちろん、多様な働き方ができるようになった現代においてそれが全てではありませんが、社会において求められる基本的なことは、昔とそう変わっていないと言えます。

会社にスーツを着ていくのが当たり前、とは言わないまでにしても、誰もが必ずしも基本的に行っていること、というのがあります。それは何でしょうか。『名刺』を作成することです。あなたは取引先の相手や、将来かかわりを生みそうな相手に、どのような名刺を渡しているでしょうか。名刺は会社単位や、個人事業主であってもそのまとまった単位で作成されることが多いと言えます。そこで用いることができるサービスが、何十人分もの名刺を、まとめて何組も作ってくれる業者に、直接依頼できるサービスです。